検索
  • hiramura1

“繊細”「わかってほしい」子ども時代を引きずる人々

更新日:4月18日




< 愛着障害からの克服:アタッチメント 愛着 >



それは、


「私だって、寂しい」だった。



「私だって、寂しいよ」


「私だって、悲しいよ」


「私だって、傷ついてるよ」



「私だって、私だって、私だって・・・・!!!!!!!!!」



でも、それが、言えなかった。


「私だって」は、ぐっとこらえて、飲み込んだ。


もう、何百回も、何千回も、何万回も、飲み込んだ。



だから、私、怒ってたんだ。



「私だって、私だって、私だって!!!!!!!!!」


「私の方が、私の方が、私の方が!!!!!!!!!」



そうやって、怒ってるのが、心の奥から伝わってくる。




泣いたっていいんだよって、

悲しんだって、いいんだよって、

あのときの私に、

そう言ってくれる人、誰もいなかった。



私を、「寂しいよ」「悲しいよ」って、

泣かせてくれる人、誰もいなかった。



誰も私のほんとのほんとの気持ちを、

一番言うことができなかった気持ちを、

一番言いたかった気持ちを、

わかろうとしてくれなかった。



そのことに、私、ずっと、怒ってたんだ。



「頑張れ」も、

「頑張ってるね」も、

「偉いね」も、

「愛はすごいね」も、

「愛は強いね」も、


そんなの全部全部、いらないから、


「泣いたらだめ。笑顔でいたら、幸せがくるから」


そんなのどうだってよくて、



私は、ただ。



ただ、「さみしいね」って、言ってほしかった。



ただ、「さみしいよ」って、たくさん、泣かせてほしかった。



ただ、「さみしいね」って、わかってもらいたかった。




私を腕いっぱいに抱きしめて、

「さみしいね」って、受け止めてくれる人。


その腕の中で、思いっきり、泣かせてくれる人。


どんなに泣いたって、私を優しい目で見つめてくれる人。


寂しくなんか、ないもん、って、

涙を目にいっぱいに溜めながら、

全然平気だもん、て、

声を震わせながら言う、

私の強がりさえ、受け止めて、包んでくれる人。





それが、私にとっては、たったひとり、お母さん!!


私は、そう思ってたんだ。




だから、私が、今、すべきなのは、



たったひとりで、

泣くこともできずにいる、

あのときの私のところに駆けつけて、

一緒に、泣き喚くことだと思った。



目を閉じて、想像する。



私は、走ってた。


一秒でも早く、早く、会いにいかないと。


そう思った。




あの日の自分を見つけて、

思いっきり息を吸って、

私の名前を叫ぶ。




泣いていいよ!!!!!!!!!!


あんたは、泣いていい!!!!!!!!


怒っていい!!!!!!!!


叫んでいい!!!!!!!!!!



私は、小さな私が言えなかったことを、

一緒に、叫んでいく。



小さな私が、どれだけ我慢してたか。

こんなにも、我慢してたんだね。


私が、私に、我慢させてたんだね。



だから、怒ってた。


わかってもらえるわけがない、

っていう悲しみは、

私がずっと、溜めてきた感情たちだった。



そして、本当は今にも溢れだしそうな

「わかってほしい」を隠すために、


「わかってたまるか」


「あんたなんかに私の気持ちわかってたまるか」


「私は違う」


「私は、みんなとは違う」


「わかってなんて、もらいたくもない」



そうやって、自分の本音は、

本当に限られた人にしか見せずに、


自分には、孤独が似合う、みたいな顔をして、

一匹狼を、してたんだと、わかった。


人一倍、わかってあげたいと願うくせに、

私の心は、頑なに、開かなかった。



本当にいいたい気持ちを、

わかってもらえないあの寂しさを

もう一度味わうくらいなら、


どうせわかってもらえない。








*人生を左右する「愛着」の問題。


幼少期の様々なネガティブな経験、個人個人の「愛着の安定化」は、

人を脅威や不安から守り、幸福や健康を保証するようになります。


おだやかに、ゆっくりと、信頼のおけるカウンセラーとこころのお話をしていきましょう!


様々な症状を治すのではなく、愛着を改善する方法を学んでゆきます。


安全基地を見いだせるかどうか?


人は変わる力を持っています。






< 上の事例はカウンセリングの1ページ 、あなたは自分を大切にしていますか?>


< 私たちと一緒に「自身の深層心理や心の学び」、進めてみませんか?・・・>


閲覧数:99回0件のコメント

最新記事

すべて表示